九十九の世

シマザキマリさんによる自身三回目の個展
只今コロナの影響により延長展示中

微かな軌跡だけを頼りに息をしていた季節は終わった
蕾から次々と咲き乱れる虚ろが満たす芳香
自身さえ見えなくなってしまいそうな夜を繰り返す
優しく残酷な幽明は仄かに後ろ髪を引いてはいても
振り返れとは誘惑しない ただずっとそこにあるだけ

飽くことなく総てを呑み込む蛇が絶えず身を這いずり
流動する腹が慟哭に似た音をたてて皮を過去ごと引き剝がす

脱皮するように同じことと解ってはいても
愚かな私はまた 躓き 嘆き のた打ち回る
この身こそが永遠を冠す蛇の如く

せめて護身の刃を手に今この刻だけに終止符を
その決意さえ繰り返し それでも前へ その先が終と知っても
此処ではない心象に向かい 振り返りを正す区切りなき白夜

会期

2021年5月16日~30日(月火定休)
15:00~22:00(最終日19:00まで)

コロナの影響を鑑みて延長展示
2021年6月6日~6月27日

場所

〒544-0011
大阪市生野区田島5-7-26
JR東部市場前駅東口より早歩き8分
☎06-4306-3108
✉ mei_cafebar@yahoo.co.jp
Twitter@cafeBarmei